ウィートビックス

  •  
  • 396
  • 0
  • 2
  • Japanese 
May 25, 2015 16:41
ウィートビックス

ウィートビックスは食物繊維がたくさん、微糖な朝ごはんシェリアルです。ウィートビックスはニュージーランドとオーストラリアでは三ニッターリアム株式会社に作られて、南アフリカでボコモという朝ごはん作る会社に作られます。

朝ごはんのシェリアルのウイットビックスは1920の中にオーストラリアのシドニーにはベンニソン・オズボーヌに作り出されました。

オズボーヌの目的はその時のグレーノスという産物より口に合う食べ物でした。
完璧まで甥と姪に試しまして、8月19日1926年に自分で考え付いたウィートビックスの商標をもう申し込みました。
Weet-Bix is a high-fiber and low sugar breakfast cereal biscuit manufactured in Australia and New Zealand by the Sanitarium Health and Wellbeing Company, and in South Africa by Bokomo.

Weet-Bix, the breakfast cereal, was developed by Bennison Osborne in Sydney, Australia, in the mid-1920s. Osborne set out to make a product more palatable than "Granose" a biscuit that was marketed by the Sanitarium Health Food Company at that time. He tried his new product on his nieces and nephews until he had it perfected, and on August 19, 1926, he lodged an application for registration of the trademark Weetbix,[1] a name which he had devised


https://en.wikipedia.org/wiki/Weet-Bix
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app